お住まいの色を、決めるポイント!

ご自宅の家の外壁や屋根の色を決める。

新築の場合もそうですが、塗替えの場合に決めるのは大変ですね。

30年以上、塗料や塗装に関わっておりますと、一番多いご相談は「色の選択」です。

実は業界でも、色が苦手な方が結構いらっしゃいます(ここだけの話ですが😅)。

特に、男性は苦手意識がある様です。

「壁の色は、家内に決めてもらって」「センスがないから!」

実は、センスは気になさらないほうがよろしいです。

上の写真は、色相環です。

色はこのように、隣り合わせの色が近しい色、向かいの色は反対色など、意外とちゃんとした理屈があります。

色彩は、光学的な科学と心理学が密接に関わっております。

・・・さて、小難しい話は置いておいて、ご自宅の色選びの方法です。

色を決めるポイント


まず、天気の良い日に外に出ます。

お隣を見てください。

そして、目を閉じて深呼吸し目を開けてください。

周りの景色と、ご自宅はどんな感じですか。

「ちょっと暗いかな」「浮いた感じかな」もしくは「この色やっぱり良いね」

この感覚が、一番大事です。それではポイントです。

≪ポイント1≫

  • 周囲とご自宅をよく比較して見てください。

何か違和感を感じるようでしたら、今塗られている色から変更を考えてみてください。

≪ポイント2≫

  • 5年後以降のご家族を想像してください。

その中で家はどのような感じがベストか、想像してみてください

たとえば明るいクリームが良いか、落ち着いたグリーン系の色が良いか、など。

周りにある家々を見回して、イメージに合いそうな色を探してみるのも良いかも知れませんね。

家の色は、洋服などと違って簡単に変更できません。

長い時間を想定することで、例えば、40代の方が50代のご自分が帰ってきた時に眺めるご自宅はどのような感じが良いか、想像することをお勧めします。

私は出来るだけ、遠くから眺めてみます。

景観と違和感がないかだけ、確認します。

如何ですか?

大まかな方向性が決まりましたら、細かい部分はプロにご相談ください。

お気軽に😀

この記事を書いた人

菅井さん

菅井 清浩

株式会社オイカワ美装工業 相談役。環境事業部部長として、「ecoto(エコト)」ブランドをプロデュースしています。地元でも話題の肌にやさしい除菌水「ホットスプリングパワー」の販売にも尽力し、通販サイト(BASE)の運営管理も担当。

おすすめ記事