Perfume

昨日9月21日は、”Perfume”メジャー16年目の記念の日でした。

perfume
広島の田舎から出てきて、アイドルとしてもパッとせず、中田ヤスタカと出会ってテクノ路線になっても、なかなか芽が出ませんでした。

「ポリリズム」がヒットするまで、随分時間がかかりました。

しかし、その間いわゆる「近未来3部作」と言われる「リニアモーターガール」「コンピューターシティ」「エレクトロ・ワールド」という傑作を世に出しました。

分厚い低重音とビート、アナログとデジタルのシンセ音が暖かくも尖った印象を与え、それまでに無いサウンドでした。

ギタリストのマーティ・フリードマンがライブでぶっ飛び、

「ギターいらん(笑)ライヴのパワー、低音の太さ、ギターが無くても存在感があった」

…などと評しているとか。(アナログシンセのVCOとか音色の効果とか、色々話しだすとキリがないですね)

ヤスタカさんの曲は、明るい(メジャー)の曲でも、裏でマイナーメロディが隠し味で聴かせています。

これが、ちょっと懐かしく彼女たちのキャラクター(いい意味で地方のお嬢さん)とも相まって、絶妙なメランコリック感があります。

もちろんクラブでかかれば最高にクールです。(特にリミックス)

新曲「ポリゴンウェイヴ」も、もちろん最高です。

・・・あ、Perfumeに掛けて、ニオイ付きの塗料の話をするはずでしたが、次回です😅

(ペイントコーディネーター 菅井)

この記事を書いた人

菅井 清浩

株式会社オイカワ美装工業 相談役。環境事業部部長として、「ecoto(エコト)」ブランドをプロデュースしています。地元でも話題の肌にやさしい除菌水「ホットスプリングパワー」の販売にも尽力し、通販サイト(BASE)の運営管理も担当。

おすすめ記事